FXで言われる指標 しっかり勉強して取引に活かす

fs8erkkFX取引においては、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析があり、さらにテクニカル分析にはトレンド系とオシレータ系の2種類の分析方法があります。通常FX取引における指標とは、トレンド系テクニカル分析で用いられる、テクニカル指標の事を指します。

FX 攻略においてテクニカル分析とは相場の方向性などをチャートだけでなく、テクニカル指標を用いて予測する分析方法です。テクニカル指標とは、外貨売買の好機を推測する指針とお考え下さい。

また、テクニカル指標には幾つかの種類があります。相場の方向(トレンド)を示すトレンド系テクニカル指標は、相場の大まかな流れを示します。トレンド系テクニカル指標の代表格が、「ローソク足チャート」呼ばれるです。また、1980年頃に、ジョン・A・ポリンジャー氏が考案したポリジャーバンドも、トレンド系のテクニカル指標として普及しています。

引用: オプションバイナリー.net

ポリジャーバンドとは、一定期間の終値の平均値をグラフ化した移動平均線が描かれたチャートの外側に+1σ(シグマ)、+2σ、+3σで示された補助線、下部には−1σ、−2σ、−3σで示された補助線が描き、このチャートをもとに売買の時期を推察する手法のことを言います。

もし、チャートの外側の+σで示された補助線の外に出る株価変動があった場合、+2σを超えた状態であれば売り、−2σを下回った状態では買いのシグナルが示されていると推測します。トレンド系テクニカル指標では、通貨売買対象国の経済状況等は考慮せず、あくまでも、これまでのレートの値動きを基に、売買の時期を推測します。

オシレータ系テクニカル指標とは、売られ過ぎ・買われ過ぎを、一定の範囲内で示し、市場動向を表します。オシレータとは、「振り子」の事で、数値が振り子の様に動くことから名付けられました。

また、ファンダメンタルズ分析というのは、通貨売買対象国の経済状況や業績、財務状況などを考慮して、値動きを予想する方法で、トレンド系テクニカル指標とは逆のタイプのテクニカル指標です。市場動向の方向性が読めない場合に使われる事の多い指標で、中長期的な為替レートの変動を予測するのに用いられます。